医師

心の病を治すために

医薬品

治療方法とは

ストレス社会の中で長いこと生きていると、多くのストレスを抱えてしまうこともあり、今まで健康な方であっても突然うつ病を発症してしまうことが、もしかしたらあるかもしれません。では、うつ病には一体どのような治療方法が有効的なのかというと、抗うつ剤を使用してうつ病を治していくというやり方です。うつ病を治療していく上で抗うつ剤を使用する良い点ですが、薬を飲まないでいるよりも素早く回復にむかえるということが一番になります。薬の効果に関してはその人によりある程度の差は出てきますが、抗うつ剤を使用することで回復を可能な限り早くし、厳しい状況から速やかに抜け出すことが可能となります。例を挙げると、抗うつ剤を服用しなければ元の健康な体に戻るまでに半年かかっていたものの、抗うつ剤を使用することで約半分の期間で回復することができたなど、元に戻れるスパンを短くしてくれます。そして、抗うつ剤を使用することでさらに体が早く動けるようになり、想定していたよりも動けるようになったおかげで、自然治癒力をアップさせる活動に早く取り掛かることが可能です。ですので、自身の回復もさらに早まるという良い循環を作り出すことができます。なお、どんな症状にも効果に期待が持てるほど抗うつ剤は完璧ではありませんが、幾分かの症状が軽くなるだけでも肉体的・精神的な辛さは考えているよりも楽になっていきます。また、今現在の抗うつ剤に関しては以前出回っていたものと比較すると、副作用があまり出ないようになっています。ですが、風邪薬のような市販された薬と比較すると、副作用が若干出やすい傾向があります。SNRIやSSRIのケースにおいては、食欲不振や吐き気、胃腸の不快感がたまに現れることもあり、NaSSAにおいては便秘や体重増加、眠気など、抗うつ剤のタイプによっては特徴のある副作用が現れます。仮に、副作用に何も問題がなければ服用し続けても構いませんが、抗うつ剤の効果を超えるものであれば、様子を見ながら服用する量を調整することが重要となります。