ハイセンスな家に住みたいならデザイン住宅に決まり

安いだけではない中古物件

積み木

スペースに余裕あり

中古一戸建ての特徴として、価格が安くて経済的ですが、築年数が古い物件ではリフォームにかかる費用が高くなってしまい、結果的に新築で建てたときと変わりがなくなってしまいます。茅ヶ崎の土地は駅から南に向かい海に至るまでは戦前から住宅街が連なり、昔ながらの商店が多く、集合住宅よりも一戸建ての割合の多い場所です。茅ヶ崎というと海という思いを持つ人が多いことから海が見えたり、海の近くの土地に人気が集まっているため、海の近くは土地の値段が高く、なかなか新築一戸建てに手が届かない人が多いようです。茅ヶ崎の海近くで一戸建てを購入する場合は、新築の場合注文住宅よりも建売住宅が多く、中古一戸建ての割合も全国平均をうわまわっています。茅ヶ崎の海岸沿いには大きな空き地がなく、大型分譲地もできにくいため、ほとんどの建売住宅は狭い土地を利用してスペースを効率的に利用して建てられています。一方、中古一戸建ては土地に余裕があったときに建てられた物件も多く、庭も広く、間取りもゆったりしていることが多くなっています。同じ条件で茅ヶ崎の新築物件と中古一戸建てを比較したときは、平均1000万円程度中古一戸建ての方が安くなっているので、浮いた資金をリフォームに回したり、今後の生活費に回すこともでき、資金的に楽になります。自分でリフォームをすると自分好みの設備を選ぶことができます。不動産業者によってリフォームが済んだ物件を購入した場合は、自分でリフォームをするよりも安く中古一戸建てを手に入れることができます。